call mail menu_trigger

ピアス

pierceピアス

ピアス

自分で耳に傷をつけるとトラブルの元になるので、初めてのピアッシング(ピアスを開けること)は医療機関で行なうことをお勧めします。医療機関において、専用器具を使って医療用ピアスを開ける場合、痛みや出血がなく一瞬で終わります。ファーストピアスとして、医療用ステンレスに純チタン処理を施したものを使うことで、トラブルを大幅に軽減でき、金属アレルギーの方でも安心です。

当クリニックでは低アレルギー性素材の医療用軽量ステンレスピアスを各種取り揃えています。純チタン加工の医療用ピアスには純金処理を施しており、上品なデザインとなっています。 また、ファーストピアスは、その方に合ったサイズを選ぶことが大切です。当クリニックでは有効軸長6mmと8mmの2つのサイズをご用意しているので、耳たぶの厚い方でも薄い方でも安心です。

ファーストピアスを医療機関で開けるメリット

ピアスをつけるためには、ピアスホールを開ける必要がありますが、開けた直後のホールは単なる傷なので、ただ開けるだけだと、ピアスを外した場合数日でホールが塞がってしまいます。ピアスを外しても穴が塞がらないようにするためには、サイズの合った適切な素材のピアスを、約1ヵ月つけたままにします。このピアスを『ファーストピアス』といいます。

最近では、年齢や性別を問わず多くの方はピアスをつけています。市販のピアッサーやピアスショップなどの増加にともない、自分でピアスホールを開けられる方が増えています。そして、それがトラブルとなり、当クリニックのような形成外科で治療を受けられる患者さまが多くなっています。確かに、わざわざ医療機関で行なうのが面倒だという方もおり、費用もかかります。しかし、体に針を貫通させて穴を開けるような施術は、医療機関に任せるのが正しい方法である、と当クリニックでは考えます。

flower

ピアスを開けるときの注意事項

ピアスを開けるにあたり、以下の注意事項をご確認ください。

ピアスを開けるときの注意事項
  • 未成年の方は、親権者の承諾書が必要となります
  • 穴を開けた後数日は、パーマ、サウナ、長時間直射日光に当たることを避けてください
  • 洗髪は当日からできますが、ピアスを引っ張らないようご注意ください
  • 施術後1ヵ月程度は、ファーストピアス以外のものに取り換えないでください
  • セカンドピアスは、ホールが完全に落ち着くまで軸の太く長いタイプをお勧めします
  • 消毒は1日2回1週間、ピアスを外さずに緩めて行なってください
  • 1週間経っても痛みや赤みが続くようでしたら、早めにご連絡ください
  • ピアッシングを希望される部位に皮膚疾患をお持ちの方、金属アレルギーの方、妊娠中または授乳中の方、その他疾患などをお持ちの方は、事前に医師にご相談ください

ボディピアス

当院では、ヘソ、トラガス、軟骨、インダストリアルなど専門的なボディピアスも承れます。
ご希望の方はボディピアス用の14G以上のピアスをご持参ください。

  • ボディピアス
  • ボディピアス

キャンペーンキャンペーン

ティアラクリニック川越本院のお得なキャンペーン情報です。
ブログでも定期的に情報を発信していますのでぜひご覧ください。