call mail menu_trigger

しわ・たるみ

Wrinkleしわ

しわ

年齢を重ねるにつれて、肌に刻み込まれる『しわ』。しわができるのは自然なことであり、誰にでもできるものですが、老けた印象になってしまうため、やはり気になってしまうものです。
しわの原因には、主に以下のようなものがあります。

肌の弾力低下

年齢を重ねることで肌の弾力が低下します。また、紫外線によって表皮(皮膚の一番外側)や真皮(表皮の内側)にダメージを受けることでも、弾力が低下し、しわの原因となります。

肌の乾燥

年齢を重ねることで、肌の水分保持力が低下し、乾燥します。また、気温や湿度によっても乾燥しやすくなり、しわの原因となります。

女性ホルモンの減少

年齢を重ねることで、女性ホルモンの分泌量が減少し、しわの原因となります。

しわの種類

しわの種類には、主に以下のようなものがあります。

ちりめんじわ(小じわ)

乾燥した肌に浅く細かく刻まれるもので、主に目元、目尻などに見られます。乾燥じわともいわれ、20歳を過ぎた頃から、肌の保湿力が少しずつ低下することでできます。

表情じわ

表情をつくったときにできるしわが、表情を元に戻しても残ったままになるもので、額、眉間、目尻、鼻根などにできます。肌の水分保持力が低下した状態のときに、同じ表情を何度も繰り返すことで、肌がそのしわを記憶し、それが表情じわになります。

真皮じわ

一般的なしわを指し、主に目の下、鼻の両脇から唇の両端にかけて(ほうれい線)、首などにできます。
加齢や紫外線による皮膚の弾力性の減少、皮下脂肪の増減、重力などにより、皮膚がたるむことでできます。

flower

Saggingたるみ

たるみ

年齢を重ねるにつれて、肌に現れる『たるみ』。皮膚がたるむとしわや影ができることで、老けた印象になってしまうため、気になってしまうものです。たるみの原因には、主に以下のようなものがあります。

肌の弾力低下

肌の弾力は、紫外線、食事や睡眠などの生活習慣、乾燥、加齢などで低下します。それらがたるみの原因となります。

表情筋・深層筋の衰え

顔には、表情をつくる表情筋と、骨に付いている深層筋という筋肉があります。表情筋が衰えると、脂肪や皮膚を支えられなくなります。深層筋が衰えると、表情筋が支えられなくなり、肌に栄養が行きわたらなくなります。それらがたるみの原因となります。

猫背・姿勢の悪さ

顔の筋肉は頭や首と繋がっています。猫背だと首の後ろ側が縮んで首の前の部分が伸び、頬が下方向に引っ張られます。
また、デスクワークなどで悪い姿勢を長時間続けると、顔の筋肉が引っ張られるので、それもたるみの原因となります。

たるみの種類

たるみの種類には、主に以下のようなものがあります。

真皮老化たるみ

肌の弾力のもととなる真皮の弾性線維が老化し、肌を内側から支えきれなくなることで現れます。

乾燥たるみ

肌が乾燥や、保湿力のあるヒアルロン酸の減少などで現れます。

太り・痩せたるみ

太ったり痩せたりして体型が著しく変化することで現れます。

無表情たるみ

顔の筋肉を使わずに筋肉が退化することで現れます。

うつむきたるみ

うつむく癖や悪い姿勢を続けることで現れます。

しわ・たるみの治療方法

  • ウルセラ・サーマクール・イントイラセル
  • ヒラルロン酸・ボトックス
  • 手術

おすすめ治療

ティアラクリニック川越本院のお得なおすすめ治療情報です。
ブログでも定期的に情報を発信していますのでぜひご覧ください。