call mail menu_trigger

ブログ

埼玉医科大学との連携強化

  • 日付: 2017年2月2日
  • カテゴリ:ティアラクリニック川越院
 
 
 
 
当院にはよく
「埼玉医大から紹介されてきました!」
とおっしゃられて来院される患者様が多いです。
 
というのも、当院には埼玉医大の現役医師の非常勤ドクターも在籍しており、診療にあたっています。
ドクターいわく、埼玉医大のレーザーよりもティアラクリニック川越院のレーザーのほうがはるかに種類が多く、新しくて性能が良い、とのことで、患者さんの幸せを考えるとあえて医大で治療せずとも、より仕上がりの良い当院で、とお考え下さるからだそうです。
 
先日も、顔にアザがあり、学校でいじめるから中学生になる前に取ってあげたいとご両親がお子様を連れて埼玉医科大学を受診されたそうです。
その時も、「ティアラクリニック川越院のほうがきれいに仕上がるのでそちらに行ってください」
と言われたそうです。
レーザー治療は、疾患にもよりますが、物心ついて、恐怖や不安で暴れるような年頃でなければ数分で終わります。
 
もちろん当院も、すべての疾患治療を当院で治せるというようなおごりや思い上がりはありません。
「これは難しいケースだから埼玉医大でセカンドオピニオンを聞きましょう」
「これは、一般保険診療のほうが安く治療できるので、お近くの腕の良い皮膚科をご紹介します」
「このケースを治せるレーザーは埼玉県にはなく、保険が効く可能性もあるので、慶応大学か東京女子医大を紹介します」
というスタンスで、患者様目線・患者様のメリット第一に考えて診療を行っております。
 
2017年2月末には本邦初の、厚生労働省認可のレーザー脱毛器「GentleLase Pro」を日本でもいち早く導入いたします。
本年度中にはさらに最新のレーザー機器を追加導入し、埼玉県No.1のレーザーセンターの設立を目指す予定です。
保険診療では治りきらない難治性のニキビ、イボやほくろ、シミやしわ・たるみから脱毛に至るまで可能な限りの最新のレーザー治療を、この川越という土地で対応してまいります。
 
ティアラクリニック川越院・最新医療レーザーセンター設立がかなう日まで精進し、地域の医療機関と連携しながら地域貢献をしたいと考えておりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
 
ティアラクリニック川越院・医師陣一同