call mail menu_trigger

ブログ

多汗症について

  • 日付: 2016年8月19日
  • カテゴリ:多汗症・ティアラクリニック川越院
 
 
 
こんにちは
かなり暑さも和らいできましたね!
 
しかしやはり残暑で脇汗や手のひら、足の裏の多汗症が気になる季節はまだまだ続きます。
 
多汗症の治療には、神経を切断する手術などもありますが、代償性に違う部位の汗が増えるといったトラブルも多いため、当院では行っておりません。訴訟になった例もあるくらいです。
 
やはり定番は、ボトックスによる多汗症治療でしょう。
 
脇汗に限っては、ボトックス注射は健康保険適応になることもありますが、登録などの手間が煩雑なのと、麻酔ができないことや受診したその日に施術ができないこと、そしてなにより料金も3割負担で結局35000円前後かかってしまうことがあげられます。
ボトックスはどれくらいの量の薬を注射したかによって効果に差が出ます。
(医学用語では、「○○単位注射する」などの言い方をします)
保険診療では量や打ち方が決められており、思った効果が出ないという声をよく耳にします。
脇の範囲が狭い人もいれば広い人もいるので当然のことですよね。
 
当院では最低でも80単位は注射しています。
今年の夏は、108,800円のところ、49,800円で特別キャンペーンを行っております。
ぜひ、この機会にお試しください。
 
また、一部分ではなく、からだ全体の汗を止めたいという方には、体中の汗をピタッと止める内服薬「プロ・バンサイン」もご用意しております。
(プロ・バンサインと検索エンジンで検索するとその効果はご理解いただけると思います)
遠慮なく、無料の診察にお越しいただければと思います。