メニュー

美容コラム

脱毛脱毛方法の種類やその効果について

脱毛方法の種類やその効果について

無駄毛は除去や抑制だけでは毛の組織は残ってしまうため、何度でも再生されてしまいます。多くの女性の悩みである無駄毛を脱毛する方法は、大きく三種類に分けられます。

  • 毛を一時的に除去する除毛
  • 毛が生えることを抑制する抑毛
  • そして毛が完全に生えてこないように行う永久脱毛

この三種類の中で、最も効果の高い施術は、毛の再生を阻止するレーザーを用いた永久脱毛になります。光脱毛やフラッシュ脱毛も効果の高い脱毛方法になりますが、毛の再生を遅らせることを目的としているため、組織の完全な破壊はできませんので、時間の経過とともに、再び毛が再生される可能性が高いのです。

しかしレーザー脱毛であれば、毛を育てる細胞を熱で破壊するため、高い脱毛効果を実現することが可能となっています。レーザーの利点はその確実性以外にも、短時間で広範囲の無駄毛を処理できる点も挙げられます。熱を肌に当てて施術を行なうレーザー脱毛は、多少の痛みを伴うことがありますが、使用するレーザーによってもその効果や肌への影響も異なります。患者様の中にはレーザーを使用することで、肌への影響を懸念される方もいらっしゃいますが、当クリニックの医療レーザー脱毛は、患者様の肌質や肌の状態など適切に確認し、肌への影響を抑えて安全面にも配慮しております。

なお当クリニックで使用している医療用レーザーは「ロングパルス・アレキサンドライト・レーザー」といい、冷却ガスを噴射しながら施術を行なっていくため、肌にやさしい治療となっています。また、冷却ガスを噴射するため、レーザー施術前に冷却ジェルを塗ることなく、スピーディーに施術に入ることができるのもメリットのひとつといえます。

さらにジェルによる冷却よりも、常に肌を冷却することが可能なため、痛みや肌への影響を抑えることができます。高い永久脱毛効果だけでなく、ニキビや湿疹にも効果があるのがアレキサンドライトレーザーを使用した脱毛方法の特徴なのです。

記事監修:院長 髙橋貴志

経歴

  • 1998年 国立・徳島大学医学部医学科卒業
  • 2000年 国立・東京医科歯科大学皮膚科入局
  • 2015年 ティアラクリニック川越院・院長

資格・所属学会

  • 米国皮膚科学会(AAD) International Fellow
  • 米国レーザー医学会(ASLMS) Fellow
  • 欧州皮膚科性病科学会(EADV) International Certified
  • 欧州レーザー皮膚科学会(ESLD) 正会員
  • 大韓皮膚研究医学会(KSID)終身会員
  • 日本皮膚科学会(JDA) 正会員

おすすめ治療

ティアラクリニック川越院のお得なおすすめ治療情報です。
ブログでも定期的に情報を発信していますのでぜひご覧ください。
※カウンセリングは無料です。