メニュー

美容コラム

痩身美容外科でできるダイエット方法

美容外科でできるダイエット方法

理想のプロポーションを目指すことは、女性が自分自身に自信を持ち、より充実した生活を手に入れるために欠かせない、生活の一部ともいえるテーマです。様々なメディアでダイエットに効果的なエクササイズや食材などが多く紹介され、近年はただ痩せるだけでなく健康的で適度に筋肉のあるボディメイクが人気です。

しかし肥満のタイプや原因は十人十色で、さらに様々な要因が重なっているケースもあります。どのダイエット法が自分に合うのかを知ることは意外と難しく、なかなか効果が現れなかったり、体調を崩してしまうこともあります。また一時的に結果が出てもリバウンドを繰り返してしまうこともあります。

ダイエットには食事や運動などいろいろな方法がありますが、医療的アプローチで脂肪を減らす方法もあります。つらい筋トレや食事制限を最低限にしたい人、また怪我などで継続的に運動をできない人、リバウンドをせずに理想の体に近づきたい人などには有効です。具体的には美容外科で受けられる施術として、脂肪吸引や脂肪溶解注射があり、いずれも物理的に脂肪を減らすことができるため、リバウンドのリスクを大幅に軽減できます

脂肪吸引は医療用機械や注射器などで直接的に脂肪を吸引するので、お腹やお尻などの大きなパーツでも効率よく痩せられます。
中でもメスを使わないマイクロ脂肪吸引は気になる部分の脂肪を25cc単位で吸引しますので、部分痩せに適しています。
脂肪溶解注射は、脂肪分解作用のある薬剤を注射することで、余分な脂肪を分解して体外へ自然に排出します。
詳細は脂肪吸引・脂肪溶解注射をご覧ください。

脂肪吸引も脂肪溶解注射も、いずれも脂肪細胞そのものを無くすため、リバウンドをしないことが大きなメリットであり特徴です。食事制限では、結果が出ても元の生活習慣に戻るとリバウンドをしてしまい、これを繰り返すことで痩せにくい体になることもありますが、脂肪吸引や溶解注射ではこのようなリスクを抑えられます。
痩せたい部分や肥満の原因、また自分の性格や生活環境などを総合的に判断して、もっとも自分に合うダイエット法を取り入れると良いでしょう。ご不明点があればお気軽にご相談ください。カウンセリングは無料です。

記事監修:院長 髙橋貴志

経歴

  • 1998年 国立・徳島大学医学部医学科卒業
  • 2000年 国立・東京医科歯科大学皮膚科入局
  • 2015年 ティアラクリニック川越院・院長

資格・所属学会

  • 米国皮膚科学会(AAD) International Fellow
  • 米国レーザー医学会(ASLMS) Fellow
  • 欧州皮膚科性病科学会(EADV) International Certified
  • 欧州レーザー皮膚科学会(ESLD) 正会員
  • 大韓皮膚研究医学会(KSID)終身会員
  • 日本皮膚科学会(JDA) 正会員

おすすめ治療

ティアラクリニック川越院のお得なおすすめ治療情報です。
ブログでも定期的に情報を発信していますのでぜひご覧ください。
※カウンセリングは無料です。