メニュー

美容コラム

たるみ顔のたるみを撃退するには

顔のたるみを撃退するには

加齢にともなう女性の悩みにはシミやシワ、たるみなど様々なものがあり、その中でも老けてみえる原因となるのが顔のたるみです。

目尻や眉尻が下がるだけでも若々しい雰囲気は損なわれますが、加齢が進むにつれて頬や首がたるみ、あごのもたつきも気になってきますよね。中でも小鼻の両脇から伸びるほうれい線や、口の両脇からあごまで伸びるマリオネットラインは老け顔の原因になりやすく、年齢以上に老けてみえる印象を与えかねません。

さらに顔全体がたるむことで現れる、目の下の不自然なラインは、その人の顔の印象を大きく変える原因のひとつといえます。顔のたるみの原因にはいくつかの要因があり、年齢とともに変化する肌や筋肉の状態、骨密度の減少などが理由と考えられています。

加齢によるコラーゲンやヒアルロン酸の減少が原因のハリ不足、また年齢とともに肌細胞の再生力が弱くなったことによるたるみなど、複数の要因が複合的に合わさることで、加齢変化にともなう肌に対して、様々な対策が必要になります。

毎日の生活で取り入れられる対策としては、日中の紫外線対策やハリを実感できるトレチノインやハイドロキノンを使用した治療、十分な保湿をするスキンケアなどがまず大切です。そして、これらのたるみ対策を継続的に行なうことが重要ですが、スキンケアはどうしても自己流になりがちで、いまひとつ効果を実感できないこともあります。

そのような時には、ぜひ当クリニックにご相談してください。
たるみと一口にいっても、その種類は異なります。目の下のくま・たるみ・ふくらみ。首もとのたるみ、頬のたるみ、フェイスラインなど処置を行なう個所によっても異なる施術をお勧めしています。

美容クリニックでお勧めする施術がすべて外科手術ということはありません。メスを使わず吸収性素材を使用することで、アレルギーなどのトラブルも少ない施術方法もありますし、レーザーやハイフといったダウンタイムのない治療をたくさんございますので、目的や希望をお伝えいただければ、より良い提案をさせていただきます。

記事監修:院長 髙橋貴志

経歴

  • 1998年 国立・徳島大学医学部医学科卒業
  • 2000年 国立・東京医科歯科大学皮膚科入局
  • 2015年 ティアラクリニック川越院・院長

資格・所属学会

  • 米国皮膚科学会(AAD) International Fellow
  • 米国レーザー医学会(ASLMS) Fellow
  • 欧州皮膚科性病科学会(EADV) International Certified
  • 欧州レーザー皮膚科学会(ESLD)) 正会員
  • 大韓皮膚研究医学会(KSID)終身会員
  • 日本皮膚科学会(JDA) 正会員

おすすめ治療

ティアラクリニック川越院のお得なおすすめ治療情報です。
ブログでも定期的に情報を発信していますのでぜひご覧ください。
※カウンセリングは無料です。