メニュー

美容コラム

刺青(入れ墨・タトゥー除去)本当に消える? タトゥー除去のウソホント

本当に消える? タトゥー除去のウソホント

入れる時には、一生消えなくても後悔しないという強い覚悟で入れたタトゥーも、状況やライフステージの変化によって、何とか消したいと願うようになることもあるでしょう。

特に結婚や就職など、できれば相手や会社に知られたくないと考えて、後年になってからタトゥーを消すことを検討される方もいらっしゃいます。また子どもが生まれるとプールや海水浴場、入浴施設などに行く機会も増えますが、海外とは違いタトゥーがあることで入場できない施設も少なからずあります。

若い時にはファッション感覚やノリで入れる方も多く、愛情を示すために好きな人やパートナーのお名前を入れる方もいらっしゃるようです。しかし入れるのは意外と簡単でも、いざ消したいとなるとどうでしょうか? 本当に消せるのか、きれいに消せるのか気がかりなポイントではないかと思います。

当院でもタトゥー除去の施術を行なっています。施術方法はレーザー治療と外科手術の2通りございますが、傷が残らず外科手術に不安のある人にもおすすめのレーザー治療についてご紹介します。

レーザーによる施術では、色素に反応するレーザー光線を照射して墨を細かく破壊し、細かく破壊された墨をマクロファージと呼ばれる体内の貪食細胞が吸収し、体外に排出することによって色が少しずつ薄くなっていきます。

レーザー治療はタトゥーを消すのに多く使われている施術法ですが、従来から使われているレーザー機器では、黒や紺色、茶色などの色素にはよく反応し高い治療効果をもたらす半面、赤色などの明るいカラーでは治療効果が出にくいという難点がありました。

そこで当院では従来から課題となっていた、明るい色にも対応できる最新のレーザー機器ピコレーザー(エンライトンⅢ)を2021年より導入して、ほぼ全ての色に対応できるようになりました。

何となくレーザーでタトゥーが消えると認識している方は、そのメカニズムと治療に使う機器をきちんと知ったうえで、医師とよく相談して治療計画をご検討ください。

記事監修:院長 髙橋貴志

経歴

  • 1998年 国立・徳島大学医学部医学科卒業
  • 2000年 国立・東京医科歯科大学皮膚科入局
  • 2015年 ティアラクリニック川越院・院長

資格・所属学会

  • 米国皮膚科学会(AAD) International Fellow
  • 米国レーザー医学会(ASLMS) Fellow
  • 欧州皮膚科性病科学会(EADV) International Certified
  • 欧州レーザー皮膚科学会(ESLD) 正会員
  • 大韓皮膚研究医学会(KSID)終身会員
  • 日本皮膚科学会(JDA) 正会員

おすすめ治療

ティアラクリニック川越院のお得なおすすめ治療情報です。
ブログでも定期的に情報を発信していますのでぜひご覧ください。
※カウンセリングは無料です。