メニュー

美容コラム

二重切らずにできる二重整形の種類

切らずにできる二重整形の種類

パッチリとした二重に憧れていても、目元にメスを入れるのはちょっと…と躊躇されている方へ朗報です。切らない二重埋没法があるのをご存じですか。

切らずに二重にする方法はいくつかあります。二重埋没法と呼ばれる方法は、顔にメスを入れずに施術を行なえます。まぶたに特殊な細い糸を入れ、まぶたの裏側とまぶたを支える組織を数か所とめて二重を作ります。

この止める箇所が多ければしっかりとした二重まぶたになりますが、その分費用もかかります。手術は局部麻酔をして行ないます。手術として比較的簡単で、所要時間も10分から20分ほどで終了します。 まぶたを切らないため、術後の腫れは少なく、当日から洗顔もメイクも行なえます。周囲にも手術をしたことが気づかれないくらい、自然な仕上がりになります。さらに、元に戻したい場合にも簡単に戻すことができるのが特徴です。

他にも超音波を使って施術するウルセラという方法があります。これは超音波によってまぶたのたるみを引き締め、眉をリフトアップさせることで、二重まぶたを取り戻す方法です。「取り戻す」と書きましたが、これは一重まぶたを二重まぶたにするのではなく、もともと二重まぶただったのが、加齢とともにまぶたが下がり、腫れぼったくなるなどの悩みをかかえた方におすすめです。

超音波による施術なので、お肌を傷つけることがなく、術後腫れたり、赤くなったりすることはありません。そしてその効果は1年以上持続します。

またウルセラはまぶただけでなく、顔全体のリフトアップ効果も期待できます。ヒアルロン酸やボトックスを、注射により注入することでも同様の効果を発揮します。

ただし効果が切れてしまうと元に戻ってしまいますので、定期的に注入する必要があります。

二重整形以外で、目元をすっきりさせる治療として、目の下の脂肪を取る方法もございます。この施術には目を大きく見せる効果があります。メスを入れずにレーザーで手術を施します。大がかりな手術ではありませんので、手術は1時間ほどで終了し、ダウンタイムも短くて済みます。目の下の脂肪を取ることで、目の下のくまやたるみなどをなくし、目元をすっきりと見せることができます。

記事監修:院長 髙橋貴志

経歴

  • 1998年 国立・徳島大学医学部医学科卒業
  • 2000年 国立・東京医科歯科大学皮膚科入局
  • 2015年 ティアラクリニック川越院・院長

資格・所属学会

  • 米国皮膚科学会(AAD) International Fellow
  • 米国レーザー医学会(ASLMS) Fellow
  • 欧州皮膚科性病科学会(EADV) International Certified
  • 欧州レーザー皮膚科学会(ESLD) 正会員
  • 大韓皮膚研究医学会(KSID)終身会員
  • 日本皮膚科学会(JDA) 正会員

おすすめ治療

ティアラクリニック川越院のお得なおすすめ治療情報です。
ブログでも定期的に情報を発信していますのでぜひご覧ください。
※カウンセリングは無料です。