メニュー

美容コラム

しわコラーゲンに直接作用するHIFU(ハイフ)でしわを撃退

コラーゲンに直接作用するHIFU(ハイフ)でしわを撃退

女性のお顔の悩みでよくお伺いするのは、年齢を重ねるほどに気になり始めるしわやたるみの問題です。

女性がしわの悩みを持つようになるのは30代からが多いように感じます。 お肌のケアを怠っていると、中には20代で小じわが気になり始めてしまう方もいらっしゃいます。 しわやたるみの初期段階としては、目元の小じわ・口元のほうれい線・眉間の細かいしわなどがまず現れます。その後、40代、50代と年齢を重ねていくうちに、深刻になっていってしまうのが小じわのお悩みです、

しわやたるみのケアで重要なのは、やはり紫外線ケア・スキンケアなどといった日々の努力が基本となります。しかし、どんなに毎日のケアをがんばっていても、しみやたるみの原因となる加齢によるコラーゲンやエラスチンの減少は起こってしまいます。 しわ改善への積極的なアプローチを行なわない限り、しわやたるみは時間経過とともに増えていってしまうのです。

そんな悩みを抱えるお肌に、ナチュラルな引き締め効果を発揮してくれる「ウルセラHIFU(ハイフ)」を利用した美容方法が注目を集めていることをご存知ですか?

ウルセラHIFU(ハイフ)は「高密度焦点式超音波」を利用した治療方法で、ガンの治療など、医療現場でも使われている超音波でもあります。ウルセラHIFU(ハイフ)が生み出す超音波は、お肌の深い部分にあたる筋膜層に直接作用するため、お肌の表面に負担をかけることなく、「SMAS筋膜」という層に働きかけてくれます。

この層はコラーゲンから成り立つお肌内部の層で、SMAS筋膜が超音波により引き締まることで、しわやたるみの原因に直接アプローチできるというわけです。また、加齢によるしわやたるみの改善だけではなく、フェイスラインをリフトアップさせることで、小顔効果も得られます。

しわ対策などのエイジングケアは早めのケアがポイントにもなりますので、スキンケアをがんばっているのになかなかしわやたるみが改善しないという方はぜひ、ウルセラHIFU(ハイフ)の引き締め効果を体験してみてはいかがでしょうか?


記事監修:院長 髙橋貴志

経歴

  • 1998年 国立・徳島大学医学部医学科卒業
  • 2000年 国立・東京医科歯科大学皮膚科入局
  • 2015年 ティアラクリニック川越院・院長

資格・所属学会

  • 米国皮膚科学会(AAD) International Fellow
  • 米国レーザー医学会(ASLMS) Fellow
  • 欧州皮膚科性病科学会(EADV) International Certified
  • 欧州レーザー皮膚科学会(ESLD) 正会員
  • 大韓皮膚研究医学会(KSID)終身会員
  • 日本皮膚科学会(JDA) 正会員

おすすめ治療

ティアラクリニック川越院のお得なおすすめ治療情報です。
ブログでも定期的に情報を発信していますのでぜひご覧ください。
※カウンセリングは無料です。