メニュー

美容コラム

二重憧れの二重まぶたになれる二重埋没法

憧れの二重まぶたになれる二重埋没法

二重まぶたに興味はありながら、お顔にメスを入れることに抵抗があったり、怖いと感じたりして躊躇しておられる方はいませんか?
実は二重まぶたの整形手術には、メスを使う方法とメスを使わない方法の2種類があります。

ひとつはまぶたを切る「切開法」、もうひとつはまぶたを切らない「埋没法」と呼ばれるものです。

切開法はメスを用いてまぶたを切開する施術で、くっきりはっきりした二重を作りだすことができます。その半面、やり直しがきかなかったり、腫れが引くまでのダウンタイムが長くなったりするデメリットもありますが、半永久的に二重まぶたをキープできるのが特徴です。

もう一方の埋没法は、プチ整形と呼ばれるもので、メスは使いません。
細い特殊な糸でまぶたを数点縫って、留める施術です。メスを使わないため、腫れが引くまでのダウンタイムが短くてすみます。
もし手術後にイメージしていた二重と違っていたり、年月が経って二重を辞めたくなったりしても、手術のやり直しや元のまぶたに戻すことが可能なのが特徴です。また、手術時間も短いため痛みや傷が少なく、患者様の負担軽減にもなります。

切開法か埋没法のどちらを選べばよいか分からない方もいるでしょう。
選び方としては、初めての美容整形を気軽に行ないたい、ダウンタイムを短くしたい、やり直しができる方がよいという人は埋没法がおすすめです。反対に、くっきりと深い二重まぶたがよい、腫れぼったさがあるまぶたをなんとかしたい、二重が元のまぶたに戻ってほしくないという人には切開法が向いているでしょう。

また、手術後のメイクやコンタクトレンズの装着、サングラスの有無が気になる人もいるのではないでしょうか?
2つの施術のうち日常生活に戻るのが早いのは、切開法より埋没法です。

どの施術がよいのか、患者様おひとりではご判断が難しいかもしれません。そこで、患者様のまぶたの状態や生活スタイルにはどの方法がマッチするのかなどを見極めるためにもお気軽に当院へご相談ください。

記事監修:院長 髙橋貴志

経歴

  • 1998年 国立・徳島大学医学部医学科卒業
  • 2000年 国立・東京医科歯科大学皮膚科入局
  • 2015年 ティアラクリニック川越院・院長

資格・所属学会

  • 米国皮膚科学会(AAD) International Fellow
  • 米国レーザー医学会(ASLMS) Fellow
  • 欧州皮膚科性病科学会(EADV) International Certified
  • 欧州レーザー皮膚科学会(ESLD) 正会員
  • 大韓皮膚研究医学会(KSID)終身会員
  • 日本皮膚科学会(JDA) 正会員

おすすめ治療

ティアラクリニック川越院のお得なおすすめ治療情報です。
ブログでも定期的に情報を発信していますのでぜひご覧ください。
※カウンセリングは無料です。